自動車部品の種類は何ですか?

Elnuevodia

クルマの購入にかかせない必な手続きまとめ

自動車を購入する場合、新車では正規ディーラーで中古車では販売店です。どちらにしても手続きが必ず必要になります。自動車の販売店に任せればやってもらえますが、自分でも理解しておいた方が良いでしょう。登録の為には、保管場所を決めて、そこを申請すれば車庫証明の交付が受けられます。軽自動車の場合では、車庫証明ではなくて車庫の届出が必要です。さらに、車検証とナンバープレートの交付を受ける事が必要になって来ます。また、車検取得時の自動車賠償責任保険の加入や自動車取得税、自動車重量税や自動車税の納付もしなければいけません。中古車の場合は、初めに名義変更をする必要があります。後々トラブルになる事もありますので、早めに済ませておいた方が良いでしょう。必要な書類は、旧所有者は譲渡証明書や印鑑証明書、自動車検査証が必要で、新所有者は申請書や手数料納付書、印鑑証明書や自動車保管場所証明書、自動車税や自動車取得税申告書などです。管轄が変わる場合は、ナンバープレートを変更する必要があります。車検切れなどでナンバーがない場合は、新規登録する必要があるでしょう。クルマの種類などによっても手続きや書類が違いますので、事前に必要な準備を調べておいた方が安心です。

Elnuevodia

自動車リサイクル料金!支払いとポイント

自動車リサイクル料金は、その自動車の最終的な所有者となる人が負担すべきものとして自動車リサイクル法には明示されていますが、実際には新車を購入した際に支払いをすることになります。法律ができた当初の段階では、車検を受けるときや廃車をするときに支払いをするという方法もありましたが、施行後かなりの年数を経過し、制度が定着してきたため、現在では法律の施行前に購入した自動車に限って、廃車時に支払うこととされています。この料金については、支払い時にリサイクル券という証明書が引き換えに渡され、実際のお金は資金管理法人として指定された自動車リサイクル促進センターが廃車のときまで預かるという形式になっています。現在乗っている自動車を中古車として誰かに売却する場合でも、このリサイクル券を添えて相手に引き渡し、かわりにリサイクル料金相当のお金を受け取るというのが一般的です。この料金は、すべての自動車について同じ金額というのではなく、車種などの違いによってかなりの開きがあり、一般にはエアバック類を多く装着している高級車のほうが高く設定されており、エアコンやエアバック類をあとから装着した場合についても同様に、その分だけのリサイクル料金があとから追加となります。

Elnuevodia

提携ローンと残価設定ローン、仕組みと役割

車を購入する場合、代金の支払いにローンを利用するという人が多いでしょう。個人を対象としたローンには大きく2つのタイプがよく知られているのですが、最近では残価設定ローンも増えてきています。まず、提携ローンとは販売店が提携している信販会社と契約するというものであり、個人が金融機関と契約する自動車ローンとは車の所有者が異なっています。車検証にはローン支払い中の車の所有者について記載されるため、しっかりと確認しておきましょう。このローンでは車の販売店が所有者になるのですが、自動車ローンの場合は車のユーザーが所有者になります。また、このローンには抗弁権の接続が設けられており、購入した車の欠陥などに販売店が対応してくれないなどの場合、ローンの支払いを中断することができます。残価設定ローンとは、車検が切れる3年後の残価を事前に予測し、その分を車の本体価格から差し引いて残った金額だけを支払うローンのことを言います。これは月々の支払いを安く抑えられるというメリットがあり、支払いの終わった3年後には車を手放すか、残価を支払って再度ローンを組むこともできます。数年おきに新車を購入する人や、1台の車にあまり長く乗らない人にオススメと言えるでしょう。

Elnuevodia

売買契約してしまった後の解約

新車であると中古車であるとを問わず、いったん自動車の売買契約をしてしまった後の解約については、違約金などが発生する可能性があるため、それなりに慎重になる必要があります。契約締結から一定の期間内であれば、消費者から条件なしに契約の解除ができるという方法に、クーリングオフとよばれるものがありますが、自動車のようなものについては対象外となっています。自動車の購入にあたっては、消費者自身がディーラーに赴くなどしてその性能や外観などを直接確認し、納得した上で契約を行うというのが通例ですので、キャッチセールスのように消費者が騙されるということは考えにくく、法律で保護するにはあたらないとみられているためです。有効に結ばれた契約を消費者のつごうで解約するとなると、ディーラーのほうとしても、車両の運搬やナンバー登録のための書類作成などの準備に着手してしまった可能性があり、こうなると実際に金銭的な損害が発生してしまいます。もしこうした準備に着手する前の、契約締結から間もない段階であれば、何ら料金を請求されない場合もあり得ますが、一般的には相応の違約金にあたる金額を支払った上で、さきに締結した契約の解約が認められるということになります。

Elnuevodia

車庫証明の役割と正しい取り方

自動車保管場所証明書は車庫証明とも呼ばれており、運輸支局で車検やナンバー登録をする際に必要です。新車や中古車を入手したときや、引っ越しなどで住所が変わった際に必要な手続きで、警察署で自動車保管場所証明書の交付を受け、運輸支局に提出しなければなりません。「自動車の保管場所の確保等に関する法律(保管場所法)」により、自動車を保有する人に対して、その保管場所を確保させると同時に、道路などを保管場所として使用しないことを義務付けています。また自動車の駐車に関する規制を強化することで、道路使用の適正化や、道路上での危険防止や道路交通の円滑化を図ることがその目的です。手続きの際に必要なのは、自動車保管場所証明申請書および保管場所標章交付申請書、保管場所の所在図、保管場所を使用する権利があることを表す書面、そして印鑑を持参の上、窓口で申請手続きを行います。所定の手数料を納付し、申請の内容が確認された後に保管場所等の調査が行われます。その調査の結果、保管場所としては適切ではないという決定がなされ、その結果として証明書等が交付できない場合でも、いったん納付した手数料は返還されないため、あらかじめ注意が必要です。

Elnuevodia

車の部品と備品の種類特集!

車には購入時からたくさんの備品が用意されています。備品については年々進化して、小型軽量化が図られています。特に進化しているのがタイヤ関連の種類です。運転においてタイヤといえばパンクが心配になりますが、パンクのしにくいタイヤが開発されているとはいえ、パンクがなくなることはありません。ただし、現在は以前と違い補助タイヤが付いていいない事が増えています。補助タイヤはガソリンスタンドや修理工場まで移動させるためにパンクしたタイヤの代わりに備え付けられている事が多かったのですが、燃費や居住スペース確保のために用意されなくなってきています。代わりにパンク修理剤が準備されてきています。パンク修理剤はパンクしたタイヤに吹きこむことで内部で特殊溶剤が膨らみ、ある程度の距離であればパンクしたタイヤで走行ができるというものです。パンク修理剤はタイヤのサイドが切れていなければ殆どの場合走ることが可能です。ただし、内部で特殊溶剤が膨らむため、通常のパンク修理はできないことが多く、タイヤの買い替えとなることが多いようです。また、タイヤのサイドが切れるなど大きめの穴や切れ込みの場合は溶剤が漏れるために利用することができません。